子犬カフェデビュー

子犬、愛犬とドッグカフェデビューするために
知っておきたいマナーとしつけについておさらいしておきましょう!

ドッグカフェにはドッグランが併設されているところもあれば
ドッグOKのカフェもあり、人と犬が混在します。

子犬の頃からきっちりしつけをしておけば
愛犬がカフェデビューしたときも
すんなり受け入れてもらえますので

ドッグカフェのマナー・しつけ、持ちものについてまとめました。

ドッグカフェで最低限出来ておきたいしつけ

ドッグカフェは愛犬と一緒にお茶や食事が楽しめるお店。

犬専用メニューがありサービスが充実したカフェ
人用のカフェだけど犬連れOKのカフェ
テラス席のみ犬同伴でOKのカフェ

など形態はお店によって様々です。

どちらにしても必須になるのが”しつけ”です。

飼い主様と愛犬の主従関係と信頼関係が出来上がっていれば
難しいことではありません。

最低限のルールとして

  • トイレマナー(マナーバンドをするという手もある)
  • 吠えない
  • 待てや伏せをしてじっとしていられる

この3つが出来ていれば、
飼い主様も愛犬も、そしてカフェにいる多くのお客様も
心地よく過ごすことができます。

子犬の頃は、その場所に慣れさせる意味も込めて
抱っこしてカフェで同じ時間を過ごしてみるもの
社会経験が出来て良いですよ。

人に慣れて可愛がられる愛犬になるためにも
社会経験として人と触れ合わせるのは良い経験です。

もちろん、ワンコにも犬社会があるので
出来る限り、他のわんちゃんとも触れ合う機会を与えてあげる。

そうすると、みんなから愛される、抱っこしてもらえる、撫でてもらえる
気持ちの安定した愛犬に育ってくれます。

カフェデビューは、そういったことも踏まえ
とても意味深いことなのです。

ドッグカフェに行く時の持ちもの

普段、カフェに行く時というと「財布、携帯、文庫本」があれば十分です。
愛犬と行く時は、もう少し荷物が多くなります。

ドッグカフェに行く時に持っていった方が良いアイテムをまとめたので参考にしてください。

  • ワクチン証明書(混合ワクチン、狂犬病)
  • 鑑札
  • ビニール袋・ティッシュ
  • ウエットティッシュ
  • 消臭スプレー
  • おやつ
  • お水(ワンコ用水入れ)
  • おもちゃ
  • カフェマット・タオルケット
  • マナーベルトorマナーパンツ
  • ワンコ用洋服

もしも愛犬が粗相をしてしまった時のために、片付けグッズは必ず用意しておきたいもの。

加えて、抜け毛が多い犬種の場合は、服を着せておくと毛の飛び散りが防げます。
また、男の子の場合はマーキングしないようにマナーベルト(マナーパンツ)もあると安心です。

ワクチン証明書ですが、持っていかなくても大丈夫な所が多いです。

ただし、ドッグランが併設されているところは必要になりますので
お店の注意事項を事前にネットで調べておくと安心です。

お水は貰えることもありますが、
できればワンコ用の水入れを持参した方が良いです。
慣れている方が飲んでくれますので!

カフェマットは、ドッグカフェで犬を座らせる時に敷くマット。
厚手のタオルケットやタオルでも構いません。

お店によっては犬を床におろせない所もあります。
人と同じソファやいすに座らせるためにカフェマットは必須です。

また、ソファやいすに置くものと
床に敷くものは共用しないようにしましょう。

お店によっては、犬用メニューが用意されている場合がありますが

念のため、慣れない場所でお利口に出来るご褒美のためにも
おやつがあると便利です。

犬が飽きてしまった時のために噛めるガムやオモチャがあると便利ですね。

愛犬とカフェデビュー まとめ

用意していくものが多く感じるかもしれませんが
一つ一つは小さなものなので、当たり前になってきます。

最初は全て用意しておいて
愛犬の性格や慣れていくことを考えると
持ちものはどんどん減って行きます。

特に、トイレのマナーが出来ていると
安心してカフェの時間を愉しめるようになります。

ワンコもその場所に慣れていくと
時間が経つにつれてカフェマットの上で寝てしまう子もいるくらい。

飼い主様同士で、愛犬の悩みや情報交換をしている間に
ワンコたちは疲れてしまって寝てしまうのです。

この位慣れてくれると、ドッグカフェではなく
犬連れOKのカフェにも行けるようになります。

こうなると、いつも一緒に行けるようになるし
愛犬と一緒に旅行へも行けるようになります。

信頼関係が出来上がり、しつけが完成すると
愛犬との楽しい生活が待っていますので
子犬の頃から正しいしつけを楽しみながら教え込んで下さい。

\毎月お届け♪子犬のしつけ・知育BOX/