子犬ケージ吠える

子犬を迎えたばかりの時、ケージに入れてみると吠える吠える!

母犬から離れて不安な所にケージへ入れられて
不安と寂しさから吠えてしまうのは仕方がないこと。

むしろ、夜に吠えたり、ケージから出してと吠えている時
飼い主様の心が折れてしまって、ワンコを出してしまっては意味がありません。

要求吠えに耐えなければいけないし、
ケージでくつろぐことを覚えてもらわないといけません。

ということで、ケージをリラックスする場所だと認識させ、吠えないようになる方法をシェアします。

子犬をケージに入れるとなぜ吠えるのか?

最初は、寂しさから吠えるようになります。

子犬だと母犬や兄弟と離れて知らないおうちに来たのですから
不安と寂しさで一人でケージに入っていると吠えてしまうのです。

とちらかというと、子供が泣いている様な感覚でしょうか。

特に夜は暗くなるし寂しくなるし・・・で
吠えるという行動に直結します。

夜は、どんなに吠えられてもケージから出さないというのが
基本ルールとなります。

ここで出しちゃうと、

「吠える=ケージから出られる」
「吠える=要求が通る」

という間違った認識を子犬に与えてしまって
成犬になっても同じ行動が続くようになり、
吠え癖となってしまいます。

色んな本を読んだり、聞いたりして情報を集めましたが
吠え癖のスタートは「子犬時代」にあると思っています。

子犬と生活をスタートさせたら
吠える行為に対して要求を通さないように
「放置する」ことで対処してください。

吠え癖の原因を知っておく

「子犬をケージに入れるとなぜ吠えるのか?」の部分で説明しましたが
吠え癖の原因は大きく分けて3つあります。

1.要求を通すための吠え
2.恐怖を感じた時の吠え
3.威嚇による吠え

要求を通すために吠えるのは
先ほども説明したように、夜にケージから出してーと吠える。

飼い主様が可哀そうになってケージから出してあげる。

そうすると子犬は「吠える=要求が通る」と勘違いします。

この間違った認識を植え付けてしまうと
吠えると良いことがあると思い違いしてしまいます。

要求を通してあげることをしない!という強い意志で
無視かスルーを決め込んでください。

次に「恐怖を感じた時の吠え」は、
玄関チャイムが鳴った時にけたたましく吠えてしまう場合は
「恐怖による吠え」と思ってください。

この場合は、灰皿などで大きな音を出して驚かせましょう。
気をそらすして、吠えることを忘れさせるのです。

最後に、「威嚇による吠え」の場合は、
恐怖を感じた時の吠え方と違って、力強く声も大きいです。

他の犬の吠える声に反応したり、車やバイクの音に反応した時に
威嚇して吠える場合の事を指します。

恐怖と威嚇の違いは、最初分かりにくいかもしれませんが
どちらにしても「無駄吠え」であることに変わりはありません。

子犬の頃からしつけておいた方が良いことは確かです。

3つの原因で「無駄吠えしない」ように、
的確に指示を出してあげましょう。

詳しくは「鳴き声で分ける4つのしつけ」の中で書いておりますので
こちらをご覧ください。

子犬が吠える癖を治す時、気を付けたいこと

吠え癖の改善には「ケージ選び」も重要となってきます。

ワンコに合った正しいサイズで選ぶことが大切です。

犬のケージを選ぶ目安としては

・犬が立ち上がった状態で頭上に5㎝ほどのスキマが出来る高さ
・犬が立ち上がり体の向きを変え、無理なく方向転換できる横幅
・犬が足を伸ばし寝そべった状態で水入れの器を奥スペースが出来る奥行

子犬の時は、ケージの中にトイレスペースを置けるようにしておく。

成犬になってからは、ケージの外に置けるようにするくらいのスペースがあればOKです。
なぜなら、成犬になると半日程度ならトイレを我慢できるようになるうえ、
自分の寝床は汚さないという本能も強く表れうようになるので
トイレスペースの確保は必須とはなりません。

また、「ケージ」は犬の興奮を抑え、精神的に落ち着かせるために活用します。
犬の体に対して余分なスペースがありすぎると激しく動き回るので
興奮が収まらない場合が想定されます。

飛び跳ねたり、動き回ることのできないジャストサイズのケージを選ぶことが
無駄吠え改善に効果的に働くので、ケージ選びも手抜きなく行ってください。

子犬がケージで吠える まとめ

子犬の頃にケージで吠えるのは、寂しさから来るものがほとんどです。

この時期に飼い主様は心を鬼にして無視に徹してください。

吠えて可哀そうだからケージから出すと「吠える=要求が通る」と子犬が認識します。
こうなると、成犬になってからもずーっと無駄吠え(要求吠え)に悩まされることになります。

・子犬が吠えても無視する
・適正な大きさのケージを選ぶ

この2つがポイントとなります。

無駄吠えのしつけ詳細はコチラをご覧ください。
↓↓↓
子犬がうるさい!みんなはどうしてるの?鳴き声で分ける4つのしつけ